投資がよりおもしろく

為替と金の投資の関係性

為替と金価格の関係を知って投資

投資を行うと、株式など殆どの金融商品が為替の影響を大きく受けることに気が付きます。円安になると値段が上がる傾向がありますが、これは一円の値打ちが相対的に値下がりするから起こることです。極端な円高になったときは通貨だけでなく、株式も買いのタイミングであることになります。しかし、金や銀などの商品はこの原則が当てはまりません。過去のチャートを調べると一目瞭然ですが、為替の上下とは関係が無い値動きをしています。投資を行う際のリスクヘッジにもなりますし、全体的に株価が高い時にも買いのチャンスになることが多いです。配当を出さないのでメインにするのは考えものですが、ポートフォリオに加えてみると良いでしょう。

金へ投資するメリット

投資には色々なものがありますが、金もその一つです。現物資産なので株式や債権などと違って、会社などが倒産して価値がゼロになることもありません。 また、金へ投資することは、他のものとリスク分散することができます。経済情勢が不安定になってくると、株式や不動産価格は値下がりしたりしますが、逆に現物資産なので、リスク回避として買われ、価格が値上がりしたりします。他のものと違う値動きをしたりするので、リスク分散になるのです。 まとめて購入することができない場合は、月々少しづつ積み立てで購入できるところもあります。

↑PAGE TOP