金への投資とその金利

金投資で金利収入を得る

金利収入と金への投資

投資をするにあたっては、まず金利収入を獲得するという方法があります。すなわち、銀行預金であれば決められた年利で利子分を毎年確保することができますし、債券の場合にも同様に利子を獲得することができます。それから、株式の場合の配当金も、利子収入の一種であると考えることができます。それでは、このような利子の出ない投資先としてはどのようなものがあるのかと言いますと、Goldというものがあります。では、Goldにインベストするということにどのような意味があるのかと言いますと、他の資産とは反対の価格変動をすることにあると言えます。

子供の将来のための金の積立て

長期間で投資をしたい商品として金があります。現在では25メートルのプール1杯分の量しか世界にない状況にあり、今後も供給が大きくは増えていかないと言われています。そのため、希少な商品を購入しておけば、10年や20年単位で価値が徐々に高まっていくことが期待されます。金への投資方法としては、毎月一定の積立てをしていくやり方が人気です。積立ての方法は親が子供の将来のために、数十年をかけて資産を残しておくことが多くなっています。子供が大きくなってから積立てを渡すようにすれば、資産価値が高まっていることが予想されるからです。また、積立ては実物資産として引き出すことも可能です。

↑PAGE TOP